ようこそ!

手ぬぐいの包み方

ワインボトル・ビンの包み方

後々使える手ぬぐいは、贈り物のラッピングに最適です。
和柄の手ぬぐいでワンランク上の粋な贈り物に大変身。

  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げ、ボトルの底が手ぬぐいの中央にくるように、横向きにに寝かせます。

  • 手順2

    2.手ぬぐいの手前を持ち上げボトルに巻きつけ、奥に転がして包みます。

  • 手順3

    3.手ぬぐいの端が上になるように置きます。

  • 手順4

    4.手ぬぐいのボトルの口側の部分をぐるぐるとねじり、反対側を持ち上げボトルに被せます。

  • 手順5

    5.手ぬぐいの両端をボトルの首の辺りで結びます。

  • 手順6

    6.緩まないように、ボトルの首に巻き付けて反対側でしっかり結んだら、出来上がりです。

動画で紹介

ページトップへ戻る

ワインボトル・ビンの包み方(浴衣)

  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げ、奥の辺を2㎝程下側に折り返します。ビンを、手ぬぐいの中心から少し手前の位置に立てて置きます。

  • 手順2

    2.奥の辺の左右を持ち上げ、ビンの首に浴衣を着せるようにして沿わせ、ビンの前で交差させます。

  • 手順3

    3.交差させた左右の生地をぐるぐるとねじって、後ろに持っていきます。

  • 手順4

    4.手ぬぐいの両端をビンの後ろ側で一回結びます。

  • 手順5

    5.余った部分も巻きつけてしっかり固定したら、出来上がりです。

ページトップへ戻る

ペットボトルの包み方

ペットボトルの持ち運びに、持ち手付きなので便利です。
夏場の水滴も吸収するので、かばんの中でも安心です。

  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに縦長に広げ、手ぬぐいの上端中央に、キャップが出るようにして寝かせる。

  • 手順2

    2.手ぬぐいの下端を持ち上げ、ペットボトルにかぶせます。下になっている方の左右の角(★)を持ち上げます。

  • 手順3

    3.ペットボトルのキャップの下の辺りで、持ち上げた左右の角(★)を固結び(真結び)します。

  • 手順4

    4.お好みで左右に余った部分は内側に折り込み整え、上に出た部分をねじります。

  • 手順5

    5.ねじった先を真結びのところをくぐらせた後、先を結びます。

  • 手順6

    6.持ち手になった部分を引っ張り、5でくぐらせた先が抜けないことを確認したら、出来上がりです。

動画で紹介

ページトップへ戻る

お弁当の包み方(ねじねじ)

お弁当箱を包んで持ち運び、食べる時は手ぬぐいを広げるとそのままランチョンマットの代わりに使えます。
綿100%で作られていますので、汚れたら気軽に洗えるのも良いところです。

  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げ、中央にお弁当箱を置きます。

  • 手順2

    2.手ぬぐいの手前と奥側を箱の上に被せ、包みます。

  • 手順3

    3.箱の角を整えながら、手ぬぐいの左右の両端を持ち上げます。

  • 手順4

    4.手ぬぐいの両端を箱の中央で一回結びます。

  • 手順5

    5.余った部分を4と同じ方向に数回ねじって巻き付けたら、出来上がりです。

動画で紹介

ページトップへ戻る

お弁当の包み方(リボン)

お弁当の中身だけでなく、包み方にも気持ちを込めて。
食べる時は手ぬぐいを広げるとそのままランチョンマットの代わりに使えます。
綿100%の手ぬぐいなので、汚れたら気軽に洗えるのも良いところです。

  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げ、中央にお弁当箱を置きます。

  • 手順2

    2.手ぬぐいの手前と奥側を箱の上に被せ、包みます。

  • 手順3

    3.箱の角を整えながら、手ぬぐいの左右の両端を持ち上げ、中央に寄せます。

  • 手順4

    4.手ぬぐいの両端を箱の中央で固結びし、余った部分の生地をふんわりと広げます。

  • 手順5

    5.4で広げた生地を内側に折り、生地端を固結びの下に差し込みます。リボンの形を整えたら、出来上がりです。

ページトップへ戻る

ブックカバー

ブックカバー(青海波手ぬぐい 石板色鳶色小豆色を使用)
  • 手順1

    1.包みたい本の約2.8個分の長さになるように手ぬぐいの上下を折ります。

  • 手順2

    2.手ぬぐいを縦長に配置し、本の背表紙が手ぬぐいの中心にくるよう置きます。

  • 手順3

    3.手ぬぐいを本に被せるようにして、二つ折りにします。本よりはみ出る部分を外側に折り返します。反対側も同様に折り返します。

  • 手順4

    4.折り返した部分を固定したまま、二つ折りにした部分をそっと開きます。(折り返し部分が手ぬぐいの裏側にきます。)

  • 手順5

    5.本を手ぬぐいの横に置き、本の高さに合わせて上下を折ります。

  • 手順6

    6.重なった手ぬぐいを下の折り返し部分に差し込みます。左右同じようにします。

  • 手順7

    7.本の表紙を左右にできたポケットに差し込みます。

  • 手順8

    8.できあがりです。

ページトップへ戻る

ボックスティッシュカバー

  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに広げて、左右の端をたたみます。ボックスティッシュを中心に置きます。

  • 手順2

    2.手ぬぐいの左右を持ち上げてボックスに被せます。(ティッシュの取り出し口に少しだけかぶるように、手ぬぐいの長さを調整します。)

  • 手順3

    3.手ぬぐいの手前側も持ち上げて、ボックスに被せます。ティッシュの取り出し口の脇の部分が崩れないように、左右を伸ばして整えます。

  • 手順4

    4.反対側も同様にします。

  • 手順5

    5. 右側の前後の生地端を軽く結びます。(きつく結ぶと形が崩れます。)左側も同様にします。両側をそれぞれもう一度、今度はしっかり結んだら、出来上がりです。

ページトップへ戻る

植木鉢カバー

  • 1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げます。手ぬぐいの中央に鉢を置きます。

  • 手順2

    2.手前側を持ち上げ、鉢の高さに合わせて生地端を内側に折り込みます。反対側も同じようにします。

  • 手順3

    3.鉢のふちに沿わせながら手ぬぐいで包むようにします。鉢の背面で、手ぬぐいの両端を一回結びます。

  • 手順4

    4.両方の生地をねじって、今度は鉢の正面で一回結びます。

  • 手順5

    5.残りの生地をさらに巻き付けたら、出来上がりです。

ページトップへ戻る

果物や丸いもの

果物や丸いもの
  • 1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げ、手前と奥の生地端を手ぬぐいの真ん中で合わせるように折ります。

  • 手順2

    2.手ぬぐいを中心で一回結びます。結び目の両脇をふんわりと広げて、それぞれに果物を入れます。

  • 手順3

    3.手ぬぐいの両端を持ちあげます。

  • 手順4

    4.両端を真結びにして形を整えたら、出来上がりです。

ページトップへ戻る

ワインボトル・ビンの包み方(2本)

後々使える手ぬぐいは、贈り物のラッピングに最適です。
和柄の手ぬぐいでワンランク上の粋な贈り物に大変身。

ワインボトル・ビン(2本)の包み方
  • 手順1

    1.手ぬぐいを裏返しに横長に広げ、手ぬぐいの中央に2本のボトルを頭をそれぞれ左右に向けて寝かせます。2本のボトルの間は握りこぶしひとつ分くらいあけておきます。

  • 手順2

    2.手ぬぐいの手前を持ち上げボトルに巻きつけ、奥に転がして包みます。

  • 手順3

    3.手ぬぐいの端が上になるように置きます。

  • 手順4

    4.手ぬぐいの両端を持ち、生地端が隠れるように、ボトルを立てます。

  • 手順5

    5.手ぬぐいの両端をぐるぐるとねじります。

  • 手順6

    6.両端を真結びにし、手ぬぐいの生地端を結び目に差し込んだら、出来上がりです。

ページトップへ戻る