ようこそ!

本染めの作業工程

工程1:生地の確認

染工場に生地が工場から納品され 染める前に一番初めにする工程です。

納品された生地は染下(そめした)と言います。
この染下をそのまま染色台にセットして染めると染ムラになりやすく綺麗に染まりにくいので、現在では染工場で一度洗ってから乾燥させ生地の不良が無いか確認しながら次の糊付け(のりつけ)の工程で作業しやすいように巻き直しています。
※この時点で一度生地を水通ししています。

工程2:糊付け

筒状に巻いた生地に、染料が通らず染まらないようにするために糊を付けていきます。
染料を注ぎながら染める本染め(注染)では、このように染まらないところを作ることでデザインを出していきます。
この染まるのを防ぐことを防染(ぼうせん)するといいます。

職人さんは簡単にやっているように見えますが、素人がすると防染糊(ぼうせんのり)が均一に付かずに凸凹になり上手く染まりません。

工程3:染料の調合

糊付けをする一方では、色の調合をしています。

染料の調合を今までの経験から染める枚数と濃度によって調整してます。
きっちりと電子ハカリで計算しながら、色によっては染料の量を計算して何色かを組み合わせて調合します。
お湯で溶いた染料を使って染めます。染料とお湯の量は経験から無駄のないように作ります。

工程4:一色染め

防染糊(ぼうせんのり)を付けた生地をこの染色台(せんしょくだい)に載せて調合した染料を注ぎながら染めていきます。
漏斗(じょうご)のような器具で注いで染めるので「注染(ちゅうせん)」といいます。
この台は大きな掃除機のような作りになっており、染料を生地の上から注ぐと下へ染料を吸い込む仕掛けになっています。

スクリーンプリントと較べて良いところは、このように裏も表も染料が通るので裏までシッカリと色が付いています。
この本染め(注染)では、手ぬぐいの糸から染まるので綿本来の吸水性を損ないません。
剣道の面手ぬぐいに使われるのはそのためです。

工程5:差し分け

一色で染めるのと違い 二色以上の色を使って染めることを差し分けと言います。
一色で染めるときは、全体に染料を掛けるようにしていましたが、差し分けでは、防染糊(ぼうせんのり)で土手を作って染料が他のところへ流れないようにしてから 染料を注いでいます。
この動画のように染料を漏斗(じょうご)のような器具で差しながら注染(ちゅうせん)しています。

非常に細かい作業で、同じ作業をひっくり返してもう一度しています。

工程6:洗い

注染の作業が終わると防染糊(ぼうせんのり)を落とす作業が必要です。

生地は一疋で20メーター位あり この一疋で20枚以上は作成できます。この長い生地を一度に洗うのにこの長いプールのような設備が必要となります。
防染糊は海藻や米粉が主成分の無害なものですが、このまま川に流すようなことではいけませんので下水に流しています。
洗った後は、大きな脱水機で水分をできるだけ飛ばしています。乾燥を早くするためです。

工程7:乾燥

脱水を終わった生地を乾燥します。

雨が降っても大丈夫なように、天井の高い屋根のあるところで乾燥します。高さは5メーター以上あり棒が渡してあるだけ・・・
職人は、簡単に登って手ぬぐいがすぐ乾燥できるよう生地が重ならないよう干しています。
素人では足がすくんでしまいます。

工程8:仕上げ

乾燥が終わった手ぬぐいをもう一度巻き直しています。
巻き直して筒状にし、二人がかりで規定の長さに折りたたんでいます。
その後、圧縮してシワを伸ばします。
シワの伸びた手ぬぐいを一枚づつ裁断して完成です。

本染めの商品 : » 伝統柄手ぬぐい

トップへ戻る