ようこそ!

吉原繋ぎ 群青色【注染手ぬぐい】

もっと見る

0%
    吉原繋ぎ 群青色【注染手ぬぐい】
    1,800円

    在庫状況: 在庫あり

    この手ぬぐいは、「本染め」「注染」と呼ばれる日本独自の伝統的な手染め技術で染められています。
    裏面まで染料が浸透し表面と同じように染め上がるので、裏表を気にせずに使用できます。
    »「注染」について詳しくはこちらのページでご覧いただけます。


    ≪ デザイン ≫

    「吉原繋ぎ(よしわらつなぎ)」
    四角い鎖を繋いだような立体的な柄。
    吉原とは昔の遊郭のことで、この遊郭で女性を手引するお茶屋さんののれんにこの柄が使われていたのでこう呼ばれるようになった。
    鎖の文様は、吉原の遊郭に一度入ったら鎖で繋がれたようになかなか自由にならないという意味で、このデザインになったと言われている。
    一方で、「人と人との結びつき」「良縁」を意味する縁起のいい柄として、現代でもとても人気がある。


    ≪ カラー ≫

    「群青色(ぐんじょういろ)」
    群青とは本来、藍銅鉱(岩群青、アズライト)のことであり、群青色はその色である。
    瑠璃(ラピスラズリ)を原料とする青色顔料の色も群青色と呼ばれる。ラピスラズリの主鉱物はラズライトである。ルネッサンス期の西洋絵画など古くより、ラピスラズリを精製し使われてきた。ラピスラズリは古来アジアにおいては粉砕し用いられた経緯もある。ヨーロッパへはアフガニスタンから西アジアを経てもたらされたため、当初は大変に高価な貴重品であり、純金と等価もしくはそれ以上の価値で流通していた。ウルトラマリンという名前は海 (marine) を越えてきた (ultra-) という意味である。この場合の海とは地中海をさす。和名の群青は「青の集まり」という意味である。

    「群青色」2016年1月21日 06:54 (UTC)『ウィキペディア日本語版』 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%BE%A4%E9%9D%92%E8%89%B2&oldid=57791006

    商品情報

    詳細

    「吉原繋ぎ(よしわらつなぎ)」
    四角い鎖を繋いだような立体的な柄。
    吉原とは昔の遊郭のことで、この遊郭で女性を手引するお茶屋さんののれんにこの柄が使われていたのでこう呼ばれるようになった。
    鎖の文様は、吉原の遊郭に一度入ったら鎖で繋がれたようになかなか自由にならないという意味で、このデザインになったと言われている。
    一方で、「人と人との結びつき」「良縁」を意味する縁起のいい柄として、現代でもとても人気がある。

    追加情報

    追加情報

    製造国 日本
    素材 綿100% 30番手糸使用
    重さ 約35グラム
    洗濯方法 洗濯は中性洗剤を使用してください。
    レビュー

    この商品を買っている人はこれも買っています